2018年09月12日

記憶…。

DSC_3074-2304x1296.JPG
ずっと封印していたフェチの根元をここ数日探っている。
小さな痛みを伴いながら、少しずつ蘇る記憶…。

初めての競技用水着を着たあの日。
気持ちが引き締まったと共に、今までにはない感情が胸の中に生まれてドキドキして着る手が震えた。
周りの水着を着て泳ぐ友人達がいつもと違ってとても眩しく見えた。
それと同時に襲ってくる、罪悪感と自己嫌悪。
ただ泳いでいるだけなのに…いけないことをしている感覚が付きまとう。
何でこんなにも苦しいのだろう。
当時はその感情が何だかすら分からなかった。

競泳水着フェチという言葉も知らず、そういう性的趣向があることも知らないまだ小学生の時の話し。

私のフェチを遡るととても暗く重い感情に突き当たる。
ずっとフェチは封印していた。
それはSM以上に私にとって苦しさを伴うものだから。

でも、そろそろ解放してもいいのかな。
その当時の私を許してあげられる時が来たのかもしれない。

22日(土)にJackRose(http://jackrose396.com/top.html)で競泳水着nightの開催が決定致しました♪
18時から25時まで。
チャージ料金は男性10,000円、女性2,000円(ドリンク別途)
飲んで、話して、戯れて…フェチを共有致しましょう。

ご興味ある方はcontact若しくはTwitterよりご連絡下さいね。
posted by 涼 ブログ at 15:51| 日記